WORKS 作品

市川市の住宅「市川の小さな家」

Micro house in Ichikawa,Chiba 

  • 所在地 千葉県市川市
  • 竣工年 2020年7月
  • 敷地面積 48.9 ㎡
  • 延床面積 71.3 ㎡
  • 構造階数 木造3階

六角形の平面形状の外観、グレーの吹き付け仕上げ玄関部分自転車が入る土間スペースを持つ玄関屋外テラスへとつながる2Fリビング吹き抜けで明るい2Fリビング、ベンチの下部は収納長いダイニングカウンター、正面の壁は木毛セメント板キッチンの背部は天井までの収納扉ダイニングカウンター夕景、立ち上がりはモルタル仕上げ1階の個室、天井表しで、WCLの間はカーテン明るい洗面所、カウンターはモルタル仕上げ洗面所と浴室、浴室の壁はFRP防水仕上げ屋根裏の3階、床はOSB南側夕景足場に鳩が巣を作ってしまい連休明けにヒナが誕生! 綺麗なラワンを用途に分けて探し当てる作業構造設計者による金物の確認0229 天気もよく上棟を終える0112 地鎮祭が行われました

小さな家が建ち並ぶ近い住宅地で、14坪という非常に小さい敷地は地盤もあまり良くなく、3方を道路に囲まれ厳しい斜線制限があるという条件。

若いご夫婦はあまり広い居住スペースは必要としないが、周囲の視線を気にしないで窓が開放できるリビングとオープンなキッチンを持つ自分たちの生活スタイルにフィットする家を望まれた。設備機器なども含め、こだわりのある素材や場所ごとの雰囲気など各種の要望もあった。
1階は土間のような大きめの玄関と寝室+コンパクトな水回り、2階は一室空間のリビングダイニング、吹き抜けを介してつながる3階部分は天井の低い屋根浦部屋のようなスペースという構成だ。

外観は敷地形状をそのまま表した多角形の平面に、2階テラスへの採光を確保する部分が切り取られたシンプルな形状で、南側1階車庫の上部が張り出している。

広くはないが、楽しく暮らせる家になりそうだ。

構造設計:深澤 大樹
施  工:(株)中野工務店
PHOTO : 中村 絵