WORKS 作品

江戸川区の住宅「南小岩の家」

House in Minamikoiwa,Tokyo 

  • 所在地 東京都江戸川区
  • 竣工年 2020年12月
  • 敷地面積 89.5 ㎡
  • 延床面積 79 ㎡
  • 構造階数 木造2階

東から見た外観全景、建物は台形の形状玄関のくぼみ部分細長い玄関、将来の介護動線なども考慮しているダイニングとインナー階段ダイニングと小さなテラス、左はリビングダイニングからキッチンを見る屋根の垂木をそのまま表したリビング空間天井の高いリビングからダイニングを見る階段からダイニングやキッチンを見下ろすアングル1F個室の階段下収納、左は直接玄関へと続く扉階段と玄関上部、自転車を展示するスペース2Fの個室の引き戸、アウトセットで枠がない2Fの個室、赤い引き戸はリビングを望む開口部の襖2F個室のウォークインクローゼット洗面所、洗面台は既製品で浴室はFRP仕上げ北側からの夕景マイカーを初めて駐車スペースに、2台は大丈夫な感じ1219 建物が完成し施主検査を行う玄関吹き抜け部の自転車展示スペース!

1128 カーテンをセレクトし説明1114 建具用のラワンベニアを選びに新木場へ。いつものプライ&ウッドさん今回は重機を使用しない人海戦術南側から見たアングル0415実施設計を終え1/50の模型も完成

江戸川区新中川に近い住宅地で、現在居住されている鉄骨造3階のビルを取り壊し、相続により小さく分割した角地部分に木造2階建ての住宅を建てるという計画。

子供も独立されたご夫婦はあまり広い居住スペースは必要としないが、周囲の視線を気にしないで窓が開放できるリビングとオープンなキッチンを持つ自分たちの生活スタイルにフィットする家を望まれた。
台形の形状の敷地上部には高圧線が通るため、その部分には建物を配置せず、道路の角部分を三角形に開放し駐車スペースにあてる計画とした。老後の生活に向け、リビングダイニングは1階に配置し、山小屋の屋根浦部屋のような2階とは吹き抜けを介して連続するという構成だ。

台形の平面形状に1枚の片流れの屋根をかけたシンプルな外観で、小さな建売住宅が立ち並ぶ場所にアイキャッチとなることを期待。

建築設計ユニットKtM、Miu建築工房との共同
                                                                 施  工:(株)中野工務店
PHOTO : 中村 絵