WORKS 作品

木更津の家

House in Kisarazu,Chiba 

  • 所在地 千葉県木更津市
  • 竣工年 2017年5月
  • 敷地面積 225 ㎡
  • 延床面積 107 ㎡
  • 構造階数 木造2階

南の正面外観、庇の下部の外壁はモルタル仕上げのまま、玄関先のポーチは自転車のためのスペースだ東側から見た外観広い玄関は自転車の収納を考慮、右には自転車数台入る大きな収納をオープンキッチンと吹き抜けのリビング、床はアカシアリビングのサッシュは大きな1枚ガラス、吹き抜けを利用し家全体を暖めるペレットストーブリビングからキッチンを見る、壁はラワン合板の大判明るい洗面所、床はタイル張浴室の壁、天井は青森ヒバだ2階の廊下、本棚が手摺の変わり。上部には洗濯物用のパイプを2階の廊下から吹き抜けのリビングを見下ろす2階の個室、床は構造用合板のままだリビングの夕景、照明はダウンライト、ペンダント、ブラケットを使い分けている夕景写真はいつもの中村絵さんにお願い0502 晴天に恵まれ竣工写真の撮影0418 正面外壁のモルタル塗り立ち会い、あえてラフに仕上げてもらう0315 ようやく外部足場を撤去

 

 

 

 

 

木更津の海近くの工業地帯にある設備工事を業務とする事務所に隣接して計画された。
5人家族の集まる共用スペースと狭くてもいいので各自の個室というのが最初の条件。

事務所に近いため、あまり住宅の生活感が出ないようにとの要望もあり、個室は南面させるのではなく1階吹き抜けのリビング空間と夫婦寝室のみ南側に向け、シンプルな南下がりの方流れ屋根が家を包み込むような形態とした。

2階の西側には大きなテラスを確保した。屋根に穴のあいたような形状がアクセントになっているが、この位置への設置は夏の花火が見たいというリクエストによる。

自転車やカーレース、アウトドア等多くの趣味をお持ちのため、作業場所としての広い玄関前スペース、吹き抜けの収納などを用意している。構造表しの天井、合板のままの廊下などローコストにも配慮した住宅だ。