WORKS 作品

足立のわんルーム

Bow-wow room in Adachi ,Tokyo 

  • 所在地 東京都足立区
  • 竣工年 2011年12月
  • 敷地面積 110.4 ㎡
  • 延床面積 77.1 ㎡
  • 構造階数 木造2階

長い本棚はネコが歩けるように工夫中庭のジューンベリー寝室、壁は天井まで1枚のラワン合板玄関から中庭を見る、玄関ドアはなく木製の窓が入り口1階寝室から玄関を見る、空間が連続するよう建具はすべて天井まで木をふんだんに使った水廻り2階は外断熱とし屋根の構造表し、壁は漆喰2階の階段スペースと本棚特注キッチンの上部レンジフードは既製品を改造ダイニングスペースの奥は書斎2階ダイニングスペースからキッチンを見る2階ダイニングスペース中庭に面した2階のテラス中庭夕景愛犬 ぶん

西新井大師にほど近い足立区下町の老朽化した家の建て替えである。
 
敷地は交通量が多い幅員12mの計画道路に接し、周囲の住宅も密集している状況から、1階外周部には開口部をなくし、1、2階をつなぐ中央の中庭とこれに連続する2階テラスを介して十分な採光を確保するコートハウスとした。

タイル張りでゆったりとしたスペースの玄関は中庭に面し、水廻りに連続する。アプローチ上部に張り出した2階は中央のテラスを大きな開口をもつリビング、キッチン、ダイニング、書斎でとり囲むコの字型の連続空間である。特に将来のSOHOユースもふまえ明るい空間を要望されたことによるが、視覚的な広がりも期待している。
2階のプランはコの字型であるが、屋根はリビングを水上とする片流れとして全体の連続性を意識し、天井の低くなるキッチンのみ一部を折り上げてバタフライ形状とした。また、屋根の外断熱を採用することで天井は450ピッチの垂木や下地合板も表しとした。

自然素材を用いたいとの要望から壁は1階にラワン合板、2階はドイツ漆喰。床は無垢の栗フローリングとした。2階北側の張り出しは多くの蔵書を収納する本棚でもある。

元気な愛犬との同居を前提とした「わんルーム」だ!?