WORKS 作品

鷺宮の家

House in Saginomiya, Tokyo 

  • 所在地 東京都中野区
  • 竣工年 2009年7月
  • 敷地面積 90.9 ㎡
  • 延床面積 83.8 ㎡
  • 構造階数 木造2階

建主手作りの表札吹き抜けのスキップフロアを見上げる天井2mの小さな畳スペース、収納はキリ、畳は本イグサたたみのスペースから見たリビングキッチンと一体のテーブルはタモの無垢材で厚さ7cmリビング内の階段、壁は漆喰で床はクリの無垢材中央吹き抜け部は上部からトップライトの光、階段はFRPグレーチングオープンな2階個室水廻り、浴室壁は青森ヒバ2階吹き抜けの手摺を兼ねた本棚人が自然と集まるキッチンの大テーブル

路地の一番奥に位置する旗竿形の小さな敷地だが、マンション暮らしであった建主からは1階を主空間とし、庭のある接地性の高い家、全体がワンルームのような明るく風通しのよい家を要望された。
北側高度斜線が厳しいことから、1階北側に天井の低い和室や水回りを配し高さをおさえ、その上部のスキップした中2階に屋根勾配をそのまま表した寝室、その上に子供室を吹き抜け空間に面して配置した。
トップライトからの光が降り注ぐ吹抜けを中心とし、家全体が見通せる断面構成だ。

自然素材を用いたいとの要望から、床や框は無垢の国産栗材、壁はドイツ漆喰とラワン合板、浴室壁天井は青森ヒバ、和室造作は桐や檜、階段や建具枠はタモ、本棚等にはホワイトバーチを用いた。特に、家族の中心空間となるキッチンのカウンターは、コンクリートブロックの上に長さ3m厚8cmのタモ一枚板から加工したものを原木そのままの形状で用いており、食事以外にも家族が集う家の中心となっている。

部屋を開放的に使用したいということから建具はすべて引戸とした。1階の小さいながらもごろ寝が出来て落ち着く空間としての畳スペース、天井の高いリビングへのハンモックの設置などもアウトドアを趣味とする建主の要望。3,2mの天井高さのある1階リビングは開放感を高める為に梁型を表し、柔らかい気流をつくり出すシーリングファンを設置している。

アスレチックのような家と子供たちには大人気だ。