WORKS 作品

清里の家

House in Kiyosato,Yamanashi 

  • 所在地 山梨県北杜市
  • 竣工年 2009年3月
  • 敷地面積 1,202.7 ㎡
  • 延床面積 111.7 ㎡
  • 構造階数 木造1階

南側正面外観、大きな屋根と左右の外壁でフレームを構成渓流側から見た外観大きく屋根とデッキが張り出した縁側スペースリビング、床はシベリアンウォールナット、壁はドイツ漆喰壁の四角い開口はライティングにより飾り棚にリビング夕景、大きなガラスの引き戸は規格最大寸法ダイニングスペースよりキッチンを見る大空間のリビングとダイニングの領域を分ける壁面、収納にも利用天井の低く落ち着いたダイニングスペース広い芝の庭は犬の運動場所リビングの暖炉

「東京は温暖化によりイングリッシュローズを育てる環境ではなくなった」という花屋を営む建主の友人が、バラ栽培に適した高地に拠点を移すべく土地を探し始めたのが計画の発端だ。その後、友人3人で清里の高原に土地を入手しそれぞれに週末住宅を建てようと話が進んだ。
普通はここまでの話で終わるのだが、これはその最初の計画として実現した。

東京では望むべくもない広い芝生をもつ庭とテラスをもつ家を造ろうということになった。大型犬モモと大勢の仲間で週末の生活を楽しむための家だ。
建物は大きな片流れの屋根フレームの下にL型テラスを配するシンプルな構成。渓流のせせらぎが聞こえる西側に犬といっしょに使える浴室を配置、ここからテラスへとつながる動線を確保し、天井の低い北側に水回りを集約した。南側谷間への眺望の開けるリビングはテラスを介し庭につながる大きなガラス開口。
日頃制約の中にかすかな創造性を見いだすのが設計と感じていたが、ここまで余裕があると逆に難しい。
大きく張り出したテラスは束材の腐食を考慮しすべてコンクリート基礎上からの片持ちとし、南面大開口部は耐久性に配慮しビル用のサッシュ部材を用いている。

着工早々工務店が倒産するというアクシデントもあり、竣工間際までサッシュが入らないという厳冬期、現場での作業は大変だったが、関係者みんなの熱意で完成した。