WORKS 作品

神楽坂の家

Narrow house in Kagurazaka ,Tokyo 

  • 所在地 東京都新宿区
  • 竣工年 2009年12月
  • 敷地面積 50.5 ㎡
  • 延床面積 71.2 ㎡
  • 構造階数 木造3階

張り出した豆腐のような外観アプローチ近景3階の壁に囲まれたルーフテラス東側外観防火仕様鋼製引き戸の玄関1階の階段、下部はトイレと収納リビングとすけすけの階段、床はシベリアンウォールナットリビングよりキッチンを見る3階は一面本棚、床は杉足場板収納量にこだわったキッチンキッチン 面台は花崗岩夫婦別々に用意された洗面ボウル細長い浴室、ボーダータイルを張り分けして奥行きを出す階段下のトイレ、鏡を利用した間接照明

仕事場に近い都心に住み続けたいという共働きの若い夫婦が、古い趣の残る街神楽坂近くに巾3,6m奥行き14mといういわゆる狭小の敷地を求めた。間口の狭い住宅が建ち並ぶ都会の谷間のような敷地だ。

東側の高度斜線で建物が切り取られてしまう3階部分をうすく西側に寄せ、ここを玄関上部に開口部のない白い箱として2,4m張り出させる形を提案した。駐車場を確保し、1階には寝室と水廻り、2階にリビングと駐車場上部に張り出したキッチン、3階には壁一面に本棚のある洋室とテラスという木造3階の細長い家だ。
短辺方向に壁を設けると空間が分断されるため、限定された部位に2重の耐震壁を集中させ壁を極力減らすることによりオープンな空間を実現することができた。

1,2階が主な生活空間で、3階は杉足場板のフローリングと壁一面の本棚、光があふれプライバシーの確保されたテラスにより日常の疲れを週末に癒すことができる気の休まる空間だ。
内部仕上げは準耐火構造であることから壁天井とも石膏ボード塗装を基本としたが、木部やキッチン廻りは黒の染色としめりはりをつけている。また、巾木や扉枠もないシンプルな納まりは建て主の要望でもあった。

ランドスケープのデザイナーでもあるご主人とこだわりのある奥様がどんな演出をされるか、これからが楽しみだ。