WORKS 作品

横浜の混構造

Mixed structural house in Yokohama 

  • 所在地 神奈川県横浜市
  • 竣工年 2009年1月
  • 敷地面積 152.1 ㎡
  • 延床面積 107.4 ㎡
  • 構造階数 混構造(RC+木造)2階

コンクリート打ち放しの1階部分にガルバリウム鋼板で囲われた2階がのる混構造2階のリビングダイニング、中央に1階からの階段2階アイランドキッチンとダイニングスペースリビングの夕景1階スキップフロアより2階へ延びるパイプ構造の階段玄関に面する水廻りのスリット開口とパイプ階段南面し1階の玄関に面した明るい水廻り、壁はコンクリート、天井はヒノキ1階寝室、天井はコンクリート打放しパイプ構造の階段詳細キッチンまわり

独立後はじめての住宅だ。

横浜郊外の敷地内には約2mの高低差があり、外周には既存のL型擁壁が残っていた。高い方のレベルに建物を建て道路側に段差を設けるのが一般的だが、1階を2つのレベルをもつRC構造として敷地の高低差を吸収し、この上にリビング空間のある2階を張り出してのせる混構造を採用した。土地形状を極力変えることなく、掘削土量を最小におさえ自然なアプローチを可能とさせること、既存擁壁に1階外壁を干渉させないようすることが主な理由である。

RC造の1階玄関へは囲まれた庭を経由しアプローチし、その玄関に面し半階上がったところに明るい水回りと寝室を、2階には高い天井をもつ木造のリビング空間と張り出したテラスをのせた。
普通は目立たない場所に配置される浴室を、玄関と庭に面する家の中央に配置したのは、終日日当りのいい空間での入浴は体をリフレッシュさせ気持ちがよいのではと考えたことによる。
中央のスチールパイプによる階段へは2階からの光が注ぎ込み明るいエントランス空間をつくり出し、上下の一体感をもたらしてくれる。

コンクリート造の家、畳のスペースや書斎の確保、将来家族が増えた場合の間仕切り可能な子供室等の確保が主な要望であった。
安全性にも配慮し、エコキュートやIHレンジを使用したオール電化住宅でもある。