WORKS 作品

秋田の田舎の家

House of countryside in Akita 

  • 所在地 秋田県山本郡三種町
  • 竣工年 2014年10月
  • 敷地面積 512 ㎡
  • 延床面積 199 ㎡
  • 構造階数 木造2階

庭の隅に設計した休憩用の東屋、気持ち良さそうだ竣工2年後、庭がすごいことに2年目検査時の外観、軒が出ているためか外壁の汚れがほとんどない家型をモチーフにした特注の表札、デザインは八島デザイン事務所夕景広い水廻り、浴室壁天井は青森ヒバ広くゆったりした玄関、絵画を想定した位置にライティング庭に面した寝室は屋根勾配そのままの天井和室正面、階段の下は収納引き出しダイニングからリビングを、フローリングはクリ無垢リビングからダイニングを見る、リビングは天井なしの構造表し外壁はベージュ色のモルタル吹き付けタイルで軒天はブラック手前が車庫、寒冷地なので開口は電動シャッター正面外観、駐車場は内外計4台分を確保2階の子供室は高い勾配天井で明るい空間和室8帖、天井はラワン合板と土佐和紙で市松に明るい寝室の書斎部分ダイニングからキッチンを、カウンター羽目板は秋田杉近くの材木店で秋田杉を物色秋田市内の材木店でラワン合板を全数セレクト

共に退職したご夫婦が新しい住宅地に3世代大家族の家を計画された。八郎潟に近く秋田では比較的雪の少ない所である。
 
敷地は比較的ゆとりがあるため、住宅と倉庫を合わせもつ車庫の2棟からなる構成とし、車庫は東側に面する道路からの視線を遮る位置に配置した。駐車スペースは屋内外合わせて5台分を確保するという条件である。
冬季の積雪を考慮し、屋根は南に位置する玄関と反対方向への片流れとし、車庫は吹きだまりとなる北側の向きを避け、東側道路に向け配置した。
1階には主空間であるリビング、ダイニングおよび親の寝室、和室を配置、2階には子供夫婦の寝室と孫の個室郡を配置した。

基本的に個室はすべて南面させるとともに、サッシュ・断熱など寒さの厳しい寒冷地の住宅としての配慮はもちろんのこと、外部からの視線を気にすることがなく趣味の庭仕事を楽しみながらゆっくりとリラックスができる家とした。