WORKS 作品

福井和郷 集出荷施設

FARM&FACTORY WAKASA 

  • 所在地 福井県大飯郡高浜町
  • 竣工年 2015年7月(建築)
  • 敷地面積 約6万 ㎡
  • 延床面積 453 ㎡
  • 構造階数 木造1階

西前は屋外機の保護の為に庇と壁をのばしている前面道路側から見た外観、海風をうける方向なのでガルガリウムの外装に南のハウス側外観、外壁は杉板でやわらかい雰囲気丘からの見下ろし全景と若狭湾の内海明るく柔らかい雰囲気の事務室空間玄関ホール、床はコンクリートのまま、壁は杉板塗装選果室は木造の構造体表し選果室、黄色い部分が玄関からの入り口選果室と休憩室の間には見学者用の窓従業員の休憩室、左ののぞき窓からは選果室が見える休憩室のミニキッチンスペース、床のよごれを考慮してフローリングを張り分け生産されているミニトマト

若狭湾に面す福井県高浜町の入り江埋立地に計画中の大規模園芸拠点内出荷施設の基本設計と実施設計監修。

“食と農”の総合的なビジネスに取り組む和郷園グループの一つ福井和郷が高浜町で進めている次世代大規模園芸事業の一つ。広大なハウスの安定した環境の中で栽培、収穫されたトマトを選別し出荷するのが主な用途で、選別・包装室、冷蔵室からなる作業エリアと従業員の休憩室や事務室などのエリアから構成される。

近くの和田海水浴場周辺に点在する焼き杉の民家を連想させるような板張りの外壁と耐候性の高い鋼板屋根による外観は、国定公園という環境にとけ込むシンプルなもの。自然と向き合う農業施設であり、循環資源である木材の活用促進の意味からも、構造はぬくもりのある木造とし、作業スペースの天井等はその構造をあらわすことで冷たい工場のイメージを払拭することを意図した。また、雨の多い地域であることも考慮し、搬入のエリアや出入り口廻り等は大きな庇を張り出すことで日陰をつくり、板張りの外壁を保護するとともに外観上の特徴としている。

働く人々や訪れる方が施設に親しんでもらえるよう十分配慮された外構設計やサイン計画と合わせ、ここから新しい農業の形が船出する。
                       (日建設計シビルとの共同設計)