WORKS 作品

加須の不動産やさんの家

House of real estate agent in Kazo 

  • 所在地 埼玉県加須市
  • 竣工年 2013年4月
  • 敷地面積 483 ㎡
  • 延床面積 183 ㎡
  • 構造階数 木造2階

1年目検査にて中庭バーベキュー!主な家具はセミオーダーにてセレクト道路側からの全景ビルトインで2台分の車庫を確保中庭に飛び出した部分は寝室の出窓中庭から2階建ての部分を、外壁はサイディングやヒノキ、ガルバリウムなど使い分ける2階への階段リビングから中庭を見る2階個室は上吊りの引き戸にて自由に間仕切り可能浴室壁はFRP製事務所奥の壁は樹種の異なる無垢フローリングを5種類ランダムに張り分け事務所は道路側に大きな開口で明るい空間事務所のカウンター部分、家具は設計したもの事務所の応接室、家具もセレクト中庭夕景、飛び石は敷地にもとからあったものを使用事務所部分の夕景正面夕景社名もオリジナルにデザインーデザインは八島デザイン事務所実施設計時の模型模型

埼玉県加須市にて不動産業を営む事務所を兼ねる若い夫婦の住宅である。
 
田園地帯に近い敷地は幅員23mの広い道路に接し、整形で十分な面積をもつ。
交通量の多い道路と物販店舗およびその駐車場に囲まれるため、事務所を大通り側に配置し、住宅部分は玄関部分をカバーする庇にて連続するが事務所とは棟を分け、南側の車庫と合わせ中庭を取り囲むコートヤード形式とした。

全体的に高さを押さえ、北側に寄せた住宅の一部のみ2階をのせる構成とし、各室に中庭側からの十分な採光が行き渡るよう配慮した。

住宅部分は中庭に面したリビングダイニングを中心に和室や寝室、水廻りを1階に配し、子供の個室のみを2階とする接地性の高いプランとした。水廻りには採光や洗濯などの日常利用を考え、事務所側からもよく見える中庭とは別の小さなサービスコートを確保している。

事務所の外壁にはヒノキを用い、天井は事務所、住宅リビングとも合板、梁型を表している。また、ソーラーパネルを設け、内壁仕上げはラワン合板、ドイツ漆喰。床は無垢の栗フローリングや大判タイルとした。